資料請求

TEAP城南予備校のTEAP対策

TEAPは大学入試に代わる試験として、これから拡大していくと考えられます。

「読む」「聞く」「書く」「話す」という4技能の実力を測る新しい英語能力試験、それが「TEAP」です。
入試でそのスコアを利用する大学が増えつつあり、上手く使えば受験において有利になる可能性があります。
TEAPで基準点を取れば、英語以外の得意科目を大学の個別試験で十分に活かすこともできます。
しかも早い時期にスコアを取っておけば、入試までの間に他教科の対策に十分に時間を使うこともできるのです。
そんなTEAPをモノにする、城南予備校の「TEAP対策」でライバルに差をつけよう!


TEAPとは?

そもそもTEAPってなに?

公益財団法人日本英語検定協会が実施。大学教育を受けるにふさわしい英語力を持っているかを測定する、
スコア型の資格試験です。
難易度の目安は英検準2級〜準1級程度。合否ではなく、試験結果をまとめた成績表が発行されます。
※取得の翌年度と翌々年度の入試に利用できます。

どんな大学に使えるの?

TEAPは大学入試に代わる試験として、これからどんどん拡大を続けていくと考えられます。
決まっている大学以外にも、入試に組み込む可能性が高い大学は数多くあります。
【受験でTEAPを用いることができる大学】
上智大学・立教大学・中央大学・青山学院大学・東京理科大学・学習院大学など
【2017年から導入予定の大学】
筑波大学・早稲田大学・明治大学など

TEAPは受験にどう関わるの?

TEAPで大学が要求する得点をクリアすると、その大学のTEAP利用入試に出願することができます。
大学により、学科試験免除や入試時のみなし得点などといった扱いを受けることができます。

上智大学の場合/南山大学の場合

試験内容はどんなもの?

総合的な英語力を正確に把握するために、4つのカテゴリーで構成されています。

試験内容

「TEAPガイダンス」参加者の声

参加してよかった!TEAPってこんな制度なんだ!知っていると知らないとでは大違い!
城南予備校生に実施した「TEAPガイダンス」に参加した生徒の皆さんからの感想です。

高2生

大学受験の可能性が広がったので参加してよかった。

高2生

TEAP試験の名前は聞いたことがありましたが、どういった試験なのかを知らなかったので、とても参加してよかったと思っている。自分の志望大学でもすごく有利に進められるお得なものと知りました。この機会をぜひ活用しようと思っています。

高3生

TEAP、TEAPと学校のみんなが言う中、今からそんなわからない試験受けるより一般の方が楽やん、という考えでした。しかし、今回TEAPについて初めて詳しく知ることができて本当に良かったし、この場を設けてくれて本当にためになりました。ありがとうございます!城南最高です。7月9月12月のTEAPはとりあえず全て受けてみようかと思いました。

高1生

TEAPは関係ないと思っていたけれど、今回のガイダンスを聞いて、私は英語が苦手なので受けてみたいと思いました。

高1生

TEAPは採用される大学が限られているけれど、受けておけば損することはないとわかったので、高2になったら受けてみようと思いました。英語が苦手な人向けのテストというのはとても良いシステムだと思いました。

高2生

自分は英語が得意というわけではないからTEAPなんて難しいのは無理だと思ってたけれど、話を聞いて、やってみようかな?という気にはなった。

高3生

TEAPは英語が得意な人が受けるものだと思っていましたが基準点を超えていたらそれ以外の教科が得意な方が有利だとわかりました。今回、TEAP利用の受験方法がわかってよかったです。

高2生

TEAPという試験は、名前を知っているくらいであまり知識がなかったのですが、このガイダンスで入試でどれだけ活用できるかを知ることができたのでとてもためになりました。

高2生

これからいろいろな大学でTEAPによる英語の受験ができるようになると知り、とても興味を持った。

高3生

TEAPの問題形式や制度がわかってよかった。

高3生

今まではTEAPについて存在しか知らなかったので、内容はもちろん、どういう人に向いているか、基準点のレベルなどまで知ることができてとても参考になりました!ありがとうございました!

城南予備校オリジナル 受験に勝つ!英語教材

Vocabulary検定
公式英単語帳
『WORD BANK2500』

楽しく覚える
スマートフォンアプリ
『わーどばんくの塔』

全国大学入試英単語Vocabulary検定