ホーム > 進学ニュース > 進学ニュース/12.19-12.25

進学ニュース/12.19-12.25

大学新入試の問題例公表=記述式、思考過程など判定―日程分離も検討・文科省 …2015/12/22 時事通信
 現行の大学入試センター試験に替えて2020年度から実施予定の「大学入学希望者学力評価テスト(仮称)」について、文部科学省は22日、新たに導入する記述式問題のイメージ例を有識者会議に示した。

 今回示されたイメージ問題は「国語」3問と「数学機1問。国語では「統計資料を基に仮説を立てさせる」「1400字ほどの新聞記事をもとに自分の考えを200〜300字で書かせる」といった問題が、数学では「三角比を使って月の直径を求める」といった問題が示されました。文科省は国語・数学で記述式問題を導入する理由として「高校生全員が学ぶから」としています。

――――――――――――――

岡山大、教養科目に「旅行医学」 16年度、海外での健康維持学ぶ …2015/12/25 山陽新聞
 岡山大は2016年度、海外旅行先で健康を保ち、旅を楽しむすべなどを学ぶ講義「旅行医学」を教養教育科目として開講する。

 主に希望する全学部の1〜2年生を対象とした授業で、日程がタイトになりがちな海外旅行において重要となる健康維持について、飛行機や海外における健康管理や、保険の加入方法・海外の文化や食事などに関して学ぶことができるそうです。

――――――――――――――

7割超が補助金減額=法科大学院、4校全額カット―文科省 …2015/12/25 時事通信
 文部科学省は25日、法科大学院に交付する2016年度補助金の算定基準となる有識者会議の審査結果を公表した。

成蹊大法科大学院が募集停止=17年度から、30校目 …2015/12/25 時事通信
 成蹊大(東京都武蔵野市)は25日、法科大学院の募集を2017年度から停止すると発表した。

 法科大学院の改革と競争を促すため、文部科学省は2015年度より補助金に差をつけていますが、2016年度では対象となる43校中33校が規定より削減され、そのうち北海学園大・駒澤大・近畿大・西南学院大の4校は全額カットとなるとのこと。このような改革の嵐が吹き荒れる中、成蹊大学法科大学院が2017年度より学生募集を停止すると発表しました。理由としては「社会人学生の受け入れに力を入れてきたが、展望が見えなくなった」としています。

2015年12月25日

Page Top