冬期講習TOP>高3生>  地歴公民

全て、単科講座として1講座から受講ができます。
※複数の日程がある場合、いずれも同じ講義内容です。

  • 世界史戦後史ゼミα
  • 応用
  • 最難関

最難関大で頻出の、戦後の東西冷戦から現代に至るまでの世界各地の動きを扱います。差のつきやすい戦後の歴史事象・用語などを広い視点から深く理解するとともに、その知識を入試実戦演習を通じて得点力へと高めていきます。

授業回数
90分×6回
校舎を選んで講座申込みができます

  • 世界史テーマ史ゼミα
  • 応用
  • 最難関

最難関大では、時代・地域を横断した複合的な出題が合否のカギを握ります。このゼミでは、社会史・経済史・文化史などの各テーマを切り口とした入試実戦演習を通じて、知識の総整理と運用力アップを図りながら、世界史総合力を完成に導きます。

授業回数
90分×6回
校舎を選んで講座申込みができます

  • 世界史戦後史ゼミβ
  • 標準
  • 応用

近年の入試で増加傾向にある、戦後の東西冷戦から現代に至るまでの戦後史は、苦手とする受験生が多いところです。戦後史の頻出ポイントを明確にしながら、入試問題を解くために必要な用語と内容をマスターし、得点力を高めます。

授業回数
90分×6回
校舎を選んで講座申込みができます

  • 世界史文化史ゼミβ
  • 標準
  • 応用

ルネサンス以降と中国の文化史を、文化と政治・経済などの結びつきを意識しながらコンパクトにまとめ、出題パターンに沿った講義を行います。文化史の頻出ポイントを明らかにしながら、入試問題を解くために必要な用語と内容をマスターします。

授業回数
90分×6回
校舎を選んで講座申込みができます

  • 早大日本史ゼミ
  • 応用
  • 最難関

正誤判定問題や未見史料問題など早稲田大学の入試対策に特化した授業を展開します。講義を受けるだけではなく、入試実戦演習に取り組むことで、本番に通用する力を身につけることができます。

授業回数
90分×3回
校舎を選んで講座申込みができます

  • 慶應大日本史ゼミ
  • 応用
  • 最難関

空欄補充問題や論述問題など慶應義塾大学の入試対策に特化した授業を展開します。問題傾向を知るだけではなく、入試実戦演習に取り組むことで、本番の得点力を高めることが狙いです。

授業回数
90分×3回
校舎を選んで講座申込みができます

  • 日本史テーマ史ゼミα
  • 応用
  • 最難関

慶應義塾大・早稲田大(特に文構・人科)等の最難関大では、テーマ史からの出題が多く見られます。通史とは異なった視点で行う講義と入試実戦演習を通して、知識の定着と最難関大合格への実戦力を養成します。

授業回数
90分×6回
校舎を選んで講座申込みができます

  • 日本史戦後史ゼミβ
  • 標準
  • 応用

中堅大レベルでも増加傾向にある戦後史は、受験生にとって手が回らず、苦手とする人が多く見られます。戦後史の背景や因果関係を明らかにしながら、入試問題を解くために必要な知識と用語をマスターし、得点力を高めます。

授業回数
90分×6回
校舎を選んで講座申込みができます

  • 日本史テーマ史ゼミβ
  • 標準
  • 応用

難関~中堅大レベルで頻出の日中・日朝関係史、税制史、貨幣・金融史、教育・学問史、沖縄史などのテーマ史を扱います。通史の学習とは違った方向から出題されるテーマ史を演習と解説講義で完全マスターさせます。

授業回数
90分×6回
校舎を選んで講座申込みができます

  • 地理演習ゼミβ
  • 標準
  • 応用

暗記に頼りがちな地誌分野について、問題演習をしながら解説講義を行うことで、知識を整理します。出題ポイントとそれに対する解答法を明らかにするとともに、系統地理の分野の知識をどう生かすかについても解説します。

授業回数
90分×6回
校舎を選んで講座申込みができます

  • 政経演習ゼミα
  • 応用
  • 最難関

経済分野を中心に、用語・事項などについての理解を深めるとともに、最難関~難関大の入試問題に対処するためのハイレベルな実戦演習と解説講義を行います。出題者の要求した形で答えを出せる実戦的な得点力を養成します。

授業回数
90分×6回
校舎を選んで講座申込みができます

  • 政経演習ゼミβ
  • 標準
  • 応用

経済分野を中心に難関~中堅大の入試問題に対処するための標準レベルの実戦演習と解説講義を行い、基本事項を得点力として体系化していきます。基本事項の理解に重点を置き、あわせて実戦的な対応力を身につけます。

授業回数
90分×6回
校舎を選んで講座申込みができます

  • 政経時事問題ゼミ
  • 標準
  • 最難関

金融・財政問題、環境問題、国際関係などの時事的な話題を基本事項との結びつきを明確にしながら講義します。時事問題が政経各分野の基本事項とどう結びついているのかを明らかにし、得点力を高めます。

授業回数
90分×6回
校舎を選んで講座申込みができます