大学入学共通テスト

2021年1月より、現行の「大学入試センター試験」に代わって、「大学入学共通テスト」が実施されます。
「センター試験」では、「学力の3要素」のうち、主に「知識・技能」が問われてきました。しかし、「共通テスト」では「知識・技能」に加え、「思考力・判断力・表現力」が問われるようになります。そのため、出題の仕方や解答方式が「センター試験」から大きく変わります。
さらに「共通テスト」では、英語の問題そのものだけでなく、英語学力の評価の仕方についても大きな変更が行われます。また、2024年度からは外部検定試験(民間試験)の活用により、英語4技能の力が問われます。

主な違いは以下のようになります。

試験名 大学入試センター試験
(~2020年1月)
大学入学共通テスト
(2021年1月~)
実施時期 年1回・1月中旬の2日間 年1回・1月中旬の2日間
教科・科目 6教科30科目 6教科30科目
測定する力 主に「知識・技能」 「知識・技能」+「思考力・判断力・表現力」
解答方式 マークシート式 マークシート方式
英語 筆記試験とリスニング試験で2技能(読む・聞く)を評価 共通テストで2技能を、2024年度からは外部検定試験(民間試験)で4技能(読む・聞く・書く・話す)を評価

求められる「新学力」

学校経営者・運営者の皆様へ。

新入試対策も城南進学研究社へおまかせください。

学校運営コンサルティング