いまどき、東大受験は単科で攻める。

城南予備校は、東大志望者限定の東大特別選抜単科コースを開設し、一教科一講座から入学できるようになっています。苦手な、あるいはもっと実力をつけたい科目、 または分野にターゲットをしぼり、集中的に攻めていくことで、あなたが東大生になるそのときまで力強く、そして効率的にサポートします。

東大特別選抜単科コース 5つの特徴

必要なものだけを学習できる単科受講

城南予備校高卒部の授業の中から、1教科だけの受講が可能です。
皆さんのニーズに合わせて受講してください。
(2教科以上の受講を希望する方は、「2017 高卒生のための城南予備校 入学案内書」をご覧ください。)

記述答案の添削指導 無料!

東大入試問題の記述答案を、城南予備校の講師がどこよりも詳しく丁寧に添削指導します。
添削指導について

添削指導の概要

・城南予備校での未受講科目が対象です。
(当校で受講している科目の添削については、担当講師が指導をします)
・対象科目は、英語/数学/物理/化学/生物/現代文/古文/漢文/日本史/世界史/地理です。
・添削指導の利用回数に制限はありません。

添削指導の規定

・添削答案の受け渡しは、全て所属校舎の担当進学プロデューサーを介して行います。
・答案は10日程度で返却します。
・添削開始は2017年5月1日〜となります。

添削指導パターン

学習の進み具合は科目によって異なるものです。答案作成の基本から押さえたい科目もあれば、直ちに実戦演習に入りたい科目もあるでしょう。そこで本コースの添削指導には以下のA・B、2つのパターンを用意しました。Aから始めてBに進むというやり方でも、Bからスタートするやり方でも、皆さんのニーズに合わせて選択することができます。

●Aパターン 定型課題添削
添削講師が厳選した良問を解いてもらい、それについての添削を行います。
答案作成の基本から理解したい科目については、ここから始めることをお勧めします。
●Bパターン 過去問添削
皆さんが自分で選んで解いた過去問についての添削を行います。

東大対策テストゼミへの参加 無料!

横浜校で実施される特別講座です。知識のインプットではなく、その運用法を鍛えるためのテストゼミ形式(テスト+解説講義)の授業となります。 各回1日完結の特別授業ですので、その時点における課題発見の場、学習のペースメーカーとして利用することができます。
東大対策テストゼミについて
※以下は2016年度実施の内容です。扱う内容は変更になる可能性があります。

最上位数学テーマ別演習(文理共通:全3回)

国公立最難関大学(東京大・京都大・東工大・旧帝大・国公立医学部)志望者を対象とした、特別対策講座を開講します。各回「1回完結」の内容となっており、近年の入試問題を用いた傾向と対策の解説+授業内演習をおこない、当日中の攻略を目指します。 また、演習の際には記述式答案作成の心得も指摘しますので、実戦的な得点力の養成も行います。

東大地理特別対策講座(文系対象:全3回)

テーマ別の地理(系統地理)を含めた地史的内容を問うテストゼミ形式の授業となります。どこに目をつければ解答が導き出せるのか、どの知識を引き出してくれば活路を見出すことができるのかなど、本番の入試を想定した思考力・判断力を養成します。あわせて、答案作成に必要な表現力も身につく講座です。

最上位生を対象とした保護者セミナーへの参加 無料!

●国公立最難関大/医学部を目指す保護者セミナー
(※2016年度は5月に横浜校で実施)
セミナーについて
東京大学・国公立大医学部などを志望する受験生の、主に保護者様を対象としたセミナーです。
東大・医学部へ合格するには、センター試験と2次試験の学習にそれぞれどの程度の学習量をかけるべきか、学習効果を最大化する学習スケジュールはどのように立てるべきかなど、受験生一人ひとりの個性に合わせた緻密な学習戦略が必要です。また、成績の推移やセンター試験の結果によっては、もともとの第一志望大学以外への出願を考えなくてはならないこともあります。そんな時こそ、受験生の学力と資質を最大限に生かす出願戦略がものを言うようになります。
そこで城南予備校では、保護者様と共に受験生の成功をサポートするためのセミナーを行います。当校の進路指導のエキスパートが、配点や出題傾向などの客観データだけでなく、長年の指導経験と過去の成功事例を踏まえて、具体的かつわかりやすく説明します。もちろん、生徒の皆さんの参加も歓迎します。

自習室終日利用 無料!

高卒部設置校舎では、9:00〜21:00で開放されている自習室を自由に使うことができます。
※教室メンテナンスに伴う休館日などもあります。詳細は各校舎にお問い合わせください。

東大特別選抜単科コース 在籍の基準

東大を第一志望としており、その証明ができること。
(東大模試の個票、東大の受験票など、昨年度東大を志望していたことを証明できるもの)
※ 証明できるものが無い場合は選抜認定試験(特待生選考試験を兼ねます)を受験していただきます。

特待生制度のご案内

[制度の意義]

成績・学習姿勢ともに極めて優秀な生徒を対象に募集し、 経済的援助を行うことを目的としています。

[特待の内容]

以下の基準を満たす生徒について、入学金・授業料を100%免除いたします。

[認定方法]

下記の1または2の選考を受けていただきます。

1特待生選考試験及び選抜認定試験による選考

[試験日程]
試験日 入学手続き締切日 合格発表
3月1日(水) 3月7日(火)
午後8時
試験日の翌日に合否通知書を発送いたします。
(試験会場での発表は行いません)
3月8日(水) 3月14日(火)
午後8時
3月15日(水) 3月21日(火)
午後8時
3月22日(水) 3月28日(火)
午後8時
3月29日(水) 4月4日(火)
午後8時
[試験時間と科目]
試験時間 9:30〜10:30 10:40〜11:40
科目 英語
(60分)
数学
(60分)
国語
(60分)
理系 ●必須受験 ●(数靴倭択)
文系 ●必須受験 ※○(数IA・IIB) ※○(現代文)
※文系志望者は、数学もしくは国語のいずれかを受験していただきます。

[受験申込方法]
試験日前日までに申込書に必要事項を記入し、受付窓口までお申込みください。申込書は受付に用意しております。

2模試成績/大学合格通知書による選考

認定基準 2016年4月〜12月に受験した各種公開模試/資格試験の成績が城南予備校の定めた基準を満たしている場合。または2017年度入試において所定の大学に合格していた場合。
提出物 1. 「選抜クラス模試成績認定申請書」と模試成績表、身分を証明するもの(高校の生徒証など)
2. 所定の大学合格通知書と身分を証明するもの(高校の生徒証など)

東大特別選抜単科コース 設置講座

英語

東大をはじめとする国立最難関大に対応した講座を、各種用意しています。国立最難関大の英語で最終的に要求されるのは「総合力」。
その英語総合力を実戦的に鍛えたいという方には、「東大英語SS」の受講をお勧めします。それに対して、一つひとつの英語力を地道に積み上げて徐々に総合力へと高めていきたいという方には、英文読解や英作文といった要素別の講座からスタートすることをお勧めします。あなたの学力の 個性に合わせて、自由に組み合わせて受講してください。

[講座紹介]

●英語の総合力を養いたい
・東大英語SS(校舎限定)
●英語の個別学力を養いたい
・英文論理読解α ・最難関大速読演習
・難関大形式別英作文
・難関大形式別英文法
・リスニングS

※上記講座を1講座だけ受講することも、複数セットで受講することも可能です。

数学

数学A

数と式(数I・II)、二次関数(数I)、三角・指数・対数関数(数II)、図形と方程式(数II)など、問題を解く上での基礎となる事項をまとめて扱います。

数学B

確率( 数A)、ベクトル(数B)、数列(数B)などを分野ごとに整理・学習したうえで、融合問題に対応できる応用力を養います。(2学期には微分法・積分法を扱います)

数学C

複素数平面・平面上の曲線および、積分計算や積分方程式(数)を扱います。積分計算では解法全体を使いやすく整理していきます。(1学期には微分法・積分法も学習します)

数学D

微分法の基礎から応用、積分法の応用(数)を扱います。数学C・Dを通して、数靴料竿楼呂鯡嵳紊掘合格に必要な知識と学力をつけていきます。

【講座紹介】

・数学Aα ・数学Bα 
・数学Cα ・数学Dα

※上記講座を1講座だけ受講することも、複数セットで受講することも可能です。

国語

東大国語は、語彙・論理に基づく正確さと、教養に裏打ちされた深い理解が要求されるので、表層的な読解力では太刀打ちできません。城南予備校の現代文・古文・漢文は、問題に真正面から取り組み、強靭な読解力と精度の高い答案作成力を鍛えあげていきます。

【講座紹介】

●現代文
・東大現代文SS(校舎限定)+現代文IIα、 または 現代文Iα+現代文IIα
※2講座セット受講がお勧めですが、1講座だけ受講することも可能です。
●古文
・古文α+難関大古文講読
※2講座セット受講がお勧めですが、1講座だけ受講することも可能です。
●漢文
・難関大漢文

理科

物理

根本原理や法則を基本からわかりやすく説明。本質を「理解」することができる講座です。入試本番で必要とされる本物の思考力と学力が無理なく身に付きます。

化学

体系的な知識としてもれのない本質的な理解を図り、暗記に頼る部分を極力減らすことが目標です。入試問題が解ける、本物の思考力が身に付きます。

生物

分野間のつながりを重視し、本質から体系的に理解していくことを方針としています。入試問題を解く力、本物の思考力が効率よく錬成されていきます。

【講座紹介】

●物理
・物理α
●化学
・化学講義+化学演習α
※2講座セット受講がお勧めですが、1講座だけ受講することも可能です。
●生物
・生物講義+生物最難関大演習S
※2講座セット受講がお勧めですが、1講座だけ受講することも可能です。

地歴・公民

世界史

通史講義の中で、時代の流れや因果関係と地域間ネットワークに踏み込んで、頻出ポイントを徹底理解。個別の答案添削を通じて、解答力を養います。

日本史

歴史事象の原因・背景やその結果・影響を明らかにし、歴史を正しく理解できる授業を展開します。どんな問われ方にも対応できる知識と解答力を養成します。

地理

近年の出題傾向を踏まえ、地理の各分野の重要事項を、戦後の世界及び日本の政治経済との関係にも踏み込みながら、わかりやすくかつ多角的に解説します。

【講座紹介】

●世界史
・世界史α
●日本史
・日本史α
●地理
・地理

学費・入学手続き

学費と納入方法

※学費とは、入学金・授業料・テキスト費・公開模試受験料・講習受講料・特別講座受講料を指します。
※学費には別途消費税がかかります。
  • 入学金
  • 100,000円(税抜)

以下のいずれかに該当する方は、入学金から相当額を優待させていただきます。

※入学手続き時に必要となるものを提示してください。
※入学手続き後にお申し出いただいても返金いたしかねますので、予めご了承ください。

入学金優待対象者 優待額(税抜) 納入額(税抜)
2016年度に城南予備校に在籍していた場合 ※1 100,000円 0円
2016年度春期・夏期・冬期講習に参加していた場合 50,000円 50,000円
2015年度以前に城南予備校に在籍していた場合 ※1 ※2 50,000円 50,000円
兄弟姉妹・保護者が城南予備校に在籍している(していた)場合 ※1 ※2 50,000円 50,000円

※1 城南コベッツ・城南ONE'S・城南AO推薦塾・城南医志塾も含みます。
※2 講習のみの参加者は除きます。

  • 授業料
  • 1教科 200,000円(税抜)

一括納入か分割(2分割)納入からお選びいただけます。

納入方法
一括納入
入学手続き後、
入学金+一括納入額の合計金額が記載された専用振込用紙をお送りしますので、期限内(手続き後約2週間)にお振込みください。
分割納入
入学手続き後、
入学金+第1回納入額の合計金額が記載された専用振込用紙をお送りしますので、期限内(手続き後約2週間)にお振込みください。

6/27払い
第2回納入額を口座振替にて納入していただきます。

※分割納入の方は、分割手数料として5,000円(税抜)が含まれています。
年間授業料(税抜) 一括納入額(税抜) 分割納入額(税抜)
‖茖渦麈柴額 第2回納入額
200,000円 200,000円 100,000円 105,000円
  • 国の教育ローン(日本政策金融公庫)やその他提携ローンを利用することができます。
    詳細は入学希望校舎までお問い合わせください。
入学金・授業料以外の学費に関して

テキスト費
学期毎にテキストを購入していただきます。受講される科目により料金が異なります。

公開模試受験料
4月、6月、7月、9月、10月、11月に受験していただきます。4〜7月分は1学期、9〜11月分は2学期のテキスト費と合わせてご請求いたします(受験は任意となります)。

講習受講料・特別講座受講料
受講する講座(クラス)により異なります。

上記は指定の納入日(金融機関休業日の場合は翌営業日)にご指定の金融機関からの口座振替で納入していただきます。

※口座振替の金融機関は、銀行・ゆうちょ銀行・信用金庫・信用組合・労働金庫・農協等がご利用いただけます。
※口座振替手続きの都合により、口座振替開始が遅れる場合がございます(口座振替開始までは、振込納入となります)。

納入日 ご請求内容
5/29(月) 1学期テキスト費、公開模試受験料
6/27(火) 分割納入の方の第2回納入分
7/27(木) 夏期講習受講料、特別講座受講料
10/27(金) 2学期テキスト費、公開模試受験料
11/27(月) 冬期講習受講料、特別講座受講料
Page Top