2020年、大学入試が大きく変わります。共通1次試験から大学入試センター試験に代わって以来、30年ぶりの大改革です。それに合わせて、高校の学びの形も大きく変わろうとしています。

入試改革の必要性が論じられるようになった背景には、知識つめこみ型の学習や偏差値重視の入学者選抜では、社会の変化やグローバル化に対応できる人材は育たないという危機感があります。今回の教育改革の狙いは「知識・技能」の蓄積に加えて、それを応用する「思考力・判断力・表現力」、そして主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度(「主体性・多様性・協働性」)、これらを「学力の3要素」と位置づけ、それをバランスよく身につけさせることで、時代の変化に適応できる人材を社会に送り出そうというものです。

センター試験に代わる新しい共通テストでは、知識・技能を評価するマークシート式に加えて、思考力・判断力・表現力を評価する記述式問題が取り入れられます。記述式は当面、 国語と数学のみで導入され、1点ごとの点数刻みではなく、A、B、C などの段階別で評価されます。

また、英語については、「読む」「聞く」の2技能評価から、「書く」「話す」を加えた4技能評価に変更。これには、実用英語技能検定(英検)やGTECなど民間団体が行う英語資格試験の活用も検討されています。

英語4技能対策TEAP・GTEC CBT対策

対象
高3生
高2生
高1生

読む、聞く、書く、話す。英語4技能対策で入試を有利に戦う!

英語力を総合的にアップ
英検対策

対象
高2生
高1生

城南予備校は、皆さんの英検取得を応援します!

大学入試英単語Vocabulary検定

対象
高卒生
高3生
高2生
高1生

志望大学・学部レベル別に英単語到達度判定!

究極の単語帳WORD BANK 2500

「英単語を効率よく覚える」そのことだけを目的に作られた“究極”の新単語帳。

スマホ用英単語アプリわーどばんくの塔

楽しく、覚えやすい英単語RPG。いつでも気軽にできるスマートフォンアプリ。

Page Top