高2理科(物理・化学)

理科学習において、一つひとつの事項を断片的に理解したり、公式をただ覚えることほど学力の伸びを損ねてしまうものはありません。逆にさまざまな事柄が具体的にイメージでき、それが他の事柄とどのようなつながりがあるのかが見えたとき、初めて「全体像」をつかむことができ、大きな学力の伸長が可能となります。高2生ではこの全体像をイメージできる基礎学力の構築を目指します。

物理ハイレベル

対象
東大・京大・東工大をはじめとする国立最難関大を目指す人を対象としています。

自然現象を根本から理解し高度な学力を鍛え上げる。

国立最難関大に合格するための学力を早期に養成します。国立最難関大では、単に正解を出すだけではなく、正解に至るまでの道筋を解答用紙に記述する力が要求されます。そのため、微積分などの数学的説明はもとより、「何が起こっているのか」という物理現象の本質を理解し、言葉で表す定性的アプローチを重視していきます。

1学期
力学
夏期
波動
2学期
力学(運動量・エネルギー・円運動)
冬期
熱力学全範囲
3学期
電磁気学(電界と電位・コンデンサー・直流回路・非線形抵抗)

物理スタンダード

対象
国立2次、私大入試物理の対策を基礎から始めたい人を対象としています。

物理を本質から理解し合格するための学力を鍛え上げる。

志望大学に合格するための学力を早期から養成していきます。さまざまな物理法則や覚えるべき公式について、基礎から丁寧に説明していきます。数式や公式よりも「何が起こっているのか」を言葉で表す定性的アプローチを重視し、物理現象を本質から理解できるよう授業が進められます。

1学期
力学(運動方程式・摩擦力・斜方投射)
夏期
波動(波の性質・共振〔共鳴〕・ドップラー効果)
2学期
力学(運動量・エネルギー・円運動)
冬期
熱力学全範囲
3学期
電磁気学(電界と電位・コンデンサー・直流回路・非線形抵抗)

化学スタンダード

対象
国立2次、私大入試化学の対策を基本から始めたい人を対象としています。

化学現象を実際にイメージし本質を理解する。

膨大な化学現象を単なる項目として脈絡なく暗記するのではなく、授業では物質をミクロ粒子の振る舞いとしてとらえ、イメージを具体化させながら反応の仕組みを理解していきます。化学現象を本質から理解できるよう授業が進められます。

1学期
理論化学(原子の構造・化学結合・物質量と化学反応式)
夏期
理論化学(酸と塩基・中和反応・酸化と還元)
2学期
理論化学(電池と電気分解・気体の性質・溶解と溶解度)
冬期
理論化学(固体の構造〔結晶〕・化学反応とエネルギー)
3学期
理論化学(反応速度・化学平衡)
Page Top