ホーム > OBOG > 城南OBOGに聞く!〜模擬試験の活用法12

城南OBOGに聞く!〜模擬試験の活用法12

進学プロデューサー:
6月は、城南予備校のOB・OGの方に「模擬試験の活用法」について語っていただきます。
皆さんは模試を受けっぱなしにしていませんか?


東京農業大学/M.K.先輩

模試は試験本番のイメージトレーニングです。「模試で自分を追い込むことができた人ほど合格に近づけるんだなぁ」と実際に感じました。模試の日は入試会場でやることをやってください。模試の日、僕はあえて友達と話さずに自分だけの世界に入れるようにしていました。試験会場では基本的に一人なので訓練しておくといいと思います。
返却された模擬テストは自分の弱点が満載の大事な参考書です。しっかりと復習してください。僕は丁寧に復習して自分だけで解けるようになった模擬テストの問題は捨てることにしていました。捨てることによって頭の深いところに記憶することができてると感じていたからです。
模試の一番大事な活用方法は模試の結果を自分のモチベーションづくりにすることです。満足する結果なら「よっしゃー!この調子でがんばろう!」、悪い結果なら「弱点がわかってよかったー!次この問題が出たら絶対解く!」と、絶対にポジティブに考えてください。ポジティブな気持ち、明るい気持ちでいないと受験期を乗り越えることはできません。


2013年06月24日

Page Top