ホーム > 進学ニュース > 進学ニュース/6.1-6.7

進学ニュース/6.1-6.7

来年は1月18、19日実施=センター試験の日程 …2013/6/3 時事通信
 大学入試センターは3日、2014年の大学入試センター試験を1月18、19日に実施すると発表した。出願期間は今年10月1〜11日で、受験案内は9月2日から配布する。
 試験は初日に地理歴史、公民、国語、外国語を、2日目に理科、数学(1)、数学(2)を行う。


 以前から大学入試センターのホームページなどでは「予定」として記載されていた2014年度(平成26年度)のセンター試験の日程ですが、正式に発表されました。ちなみに、発表された6月3日(月)で、実施日である2014年1月18日(土)まで残り229日です。受験生の皆さんは「まだまだ先だなぁ」と思わないように!

――――――――――――――

「到達度試験」導入も検討=大学入試改革で―再生会議 …2013/6/6 時事通信
 政府の教育再生実行会議(座長・鎌田薫早稲田大総長)は6日、首相官邸で第9回会議を開き、大学入試改革などをテーマに議論を始めた。今後、現在の大学入試センター試験に代えて、高校在学中に複数回受けられる新しい「到達度試験」を導入することなどを含めて議論を進め、9月にも安倍晋三首相に提言する。

 今週の教育界で最もインパクトが大きなニュースがこれでした。早ければ5年後を目処にセンター試験を廃止し、高校在学中に年2〜3回実施される「到達度テスト」の結果で大学入学を判断するという方向での議論が進むとのこと。実際には「高卒生はどうするのか」「部活との両立は」「教科の本質をじっくり教えるのではなく、次のテストで点を取るための教育にならないか」など検討すべき課題は多いものの、安倍政権の教育改革の最大の目玉になりそうなニュースです。今後の進展に注目です。

2013年06月08日

Page Top