ホーム > 連絡 > 【重要】新型インフルエンザに関する対応について

【重要】新型インフルエンザに関する対応について

 新型インフルエンザ(インフルエンザA型(H1N1)が世界的な広がりを見せており、世界保健機関(WHO)が警戒水準を引き上げています。これに伴い、城南予備校では、文部科学省等や関係公的機関の判断に基づいて必要な対応を行なっていきます。最新情報は城南予備校ホームページを通じて発信していきますので、ご確認をお願いいたします。
 なお、城南予備校では、新型インフルエンザに対して、以下のような対応をとっております。

  • 新型インフルエンザの発生が認められた場合には、当該地域の校舎を休校とすることがあります。公開模試の実施も中止とすることがあります。
  • 城南生は、うがい・手洗いを励行し、予防のための細心の注意を心掛けてください。
  • 生徒が通学する学校で罹患者が発生し、自宅待機等の指示が出ている場合は、学校の指示に従うようにしてください。
  • 学校によっては熱のない生徒に関する対応として『自宅待機』を明言せず、「保護者判断とする」とするケースがあります。その場合、城南予備校に登校する場合は、うがい・手洗いの他「マスクの着用」を徹底してください。
  • 発熱または疑わしい症状が出た場合には、厚生労働省の電話相談や最寄の保健所に電話してから、その指示に従って受診してください。また、在籍校舎への連絡もお願いいたします。
 なお、各校舎の受付前に、アルコール手指消毒剤【アルボナース】を設置しています。
 
アルボナース

2009年10月16日

Page Top