ホーム > センター試験 > センター試験まであと88日!出願スケジュールの立て方【OB/OG】

センター試験まであと88日!出願スケジュールの立て方【OB/OG】

 今月は、『城南通信』2009年10月号に掲載した『城南予備校OB/OGに聞く!!〜一般入試の出願スケジュールを考える際に気をつけることは何ですか?』に掲載し切れなかったOB/OGのコメントを、1日につき1人ずつ掲載していきます(日曜・祝日を除く)。
 

 まずセンター試験利用で「ほぼ確実に取れるところ」「自分の実力で取れそうなギリギリのところ」の最低2校、できれば調子が良ければ取れそうな挑戦校も含め3校出願する。そしてセンター試験後、センターリサーチの結果を利用し、滑り止めをどうするか決定する。
 一般入試は、なるべく早い日に合格確実校を受け、第1志望の入試日の前に滑り止めの合格発表を聞き、気持ちを落ち着かせたい。その後、実力相応校を2〜3校受けて受験の雰囲気に慣れ、最後に挑戦校を2〜3校受ける。
 第1志望でどうしても行きたい大学がある場合は、複数の学部を受けて会場慣れするのも1つの手。とにかく難易度の低い大学から受けて確実に合格していき、自分に自信をつけて第1志望に望めるようにすることが大切。
〔S.A先輩/早稲田〕
 私大のセンター試験利用入試を含め、難易度順に受けていくポイントをアドバイスしてくれています。また、難易度の観点からだけでなく、同じ大学で複数の学部を受けることも「慣れ」のためには有効です。

冬期講習入学金が無料になる無料体験講座実施中!!
冬期講習特設サイト
冬期講習資料請求
冬期講習申込みフォーム

2009年10月20日

Page Top