ホーム > センター試験 > センター試験まであと79日!出願スケジュールの立て方【OB/OG】

センター試験まであと79日!出願スケジュールの立て方【OB/OG】

 今月は、『城南通信』2009年10月号に掲載した『城南予備校OB/OGに聞く!!〜一般入試の出願スケジュールを考える際に気をつけることは何ですか?』に掲載し切れなかったOB/OGのコメントを、1日につき1人ずつ掲載していきます(日曜・祝日を除く)。
 

 自分の体調を一番に考慮すること。4連続などはできるだけ避ける。特に早大の場合は、同じ年だったら違う学部でも問題がかぶることがあるし、簡単な復習が意外と大事になるため、その時間が確保できるスケジュールを立てること。
 また、難関大の入試の前日にある同系統学部は比較的倍率が低い場合があるのでオススメ。
〔M.I先輩/早稲田〕
 もちろん、「かぶる」と言っても「全く同じ問題が出る」という訳ではありません。出題範囲・解答方法などで重なるという意味でしょうし、「絶対にかぶる」ということもありません。しかし、受けた試験の復習で見直した箇所が、次の試験でヒントになるということはあるかもしれません。受験シーズンだからといって体調を整えることだけに専念するのではなくて、その日に出題された箇所の復習くらいは最低でもやっておきましょう。
 なお、「難関大の入試の前日にある〜」の部分ですが、実際に2009年度入試では、2月15日に行なわれた早稲田大学法学部の倍率が6.7倍だったのに対し、前日14日に実施された明治大学法学部の倍率は4.1倍でした。早大入試を万全な状態で受けるため、前日の明大入試を回避した受験生がいた可能性が大いに考えられます。

冬期講習入学金が無料になる無料体験講座実施中!!
冬期講習特設サイト
冬期講習資料請求
冬期講習申込みフォーム

2009年10月29日

Page Top