ホーム > 進学ニュース > 今週の進学ニュース/10.24-10.31

今週の進学ニュース/10.24-10.31

国立大入試で追試 インフル対策、本試験1週間後 …2009/10/27 共同通信
 国立大学協会は26日、北海道函館市で総会を開き、来年度の入学試験で受験生が新型インフルエンザにかかり2次試験を受けられない場合について、本試験の1週間後の追試験や大学入試センター試験を参考にした合否判定など、各大学が救済策をとることで合意した。
 文部科学省によると、国立大学2次試験での追試などの救済策は、1995年の阪神大震災や、2008年の大雪の際に一部大学で実施したが、全国の国立大が足並みをそろえるのは初めて。

 
 2010年度入試だけの特例措置で、基本的に新型インフルエンザ患者と疑われる人が対象となります。この決定を受け、先週追試の実施を表明した大学の他、北海道教育・小樽商科・北見工業・帯広畜産・愛知県立・徳島・宮崎大(国公立大の判明分)が追試の実施を表明しています。
 また、私立大学でも明治・立教・法政大などが追試験の日程を発表しています。

 
――――――――――――――

大学の新設は5校、短大7年ぶりゼロ …2009/10/28 讀賣新聞
 文部科学相の諮問機関「大学設置・学校法人審議会」は27日、来春新設される大学などについて、川端文科相に答申した。大学の新設は5校(公立1、私立4)で、短大は7年ぶりにゼロだった。新設される大学は次の通り。(カッコ内は学部)
 【公立大の新設】新見公立大(看護)=岡山県新見市【私立大の新設】東北文教大(人間科学)=山形市▽日本保健医療大(保健医療)=埼玉県幸手市▽ヤマザキ学園大(動物看護)=東京都渋谷区、八王子市▽横浜美術大(美術)=横浜市

 
 受験学年の人は要チェックです。ヤマザキ学園大などは「動物看護」という日本で唯一の学部があるので、興味のある人もいるかもしれませんね。
 
――――――――――――――

豪縦断ソーラーカーレースで東海大学チームが優勝-2位に大差 …2009/10/28 IBTimes
 豪大陸約3,000キロメートルを走破する世界最大級のソーラーカーレース「第10回グローバル・グリーン・チャレンジ」は28日、東海大学チームが2位に大差をつけて優勝した。
 日本勢の優勝は1996年のホンダチーム以来。東海大の「Tokai Challenger」は、平均時速約100キロで砂漠地帯などを走破。2位との差を2時間以上つけて、トップでゴールした。
 ドライバーとして、パリのダカールラリーで優勝経験がある同大OBの篠塚建次郎さんも運転した。
 同レースは太陽光のみを動力源とした車でオーストラリア北部ダーウィンから南部のアデレードまでを走破するもの。今回はオランダや米国など世界17か国から38チームが参加した。

 
 東海大学チームは、電子情報学部(エレクトロニクス学科)・工学部(電気電子工・動力機械工・機械工)の学生13名を中心とした19名のメンバーが、4連覇中のオランダ・デルフト工科大学チームを破って優勝しました。2位のデルフト工大チームとの差はゴール前日の3日目終了時点で約230kmもあったという圧勝劇でした。
 東海大学工学部はル・マン24時間耐久レースへの大学チームとしての世界初参加もあり、自動車工学を志す人にとっては覚えておきたいところです。

 
――――――――――――――

菓子作り4年で学ぶ/大手前大学、新学系 …2009/10/31 朝日新聞
 大手前大学(西宮市)は来年度から、菓子作りを専門的に学ぶ専攻「製菓学系」を、総合文化学部に新設する。洋菓子産業が盛んな阪神間という地域の特色を生かした大学づくりを進めるねらいがある。大学によると、4年制大学で本格的な製菓を学べるのは全国で初めてという。
<中略>
 同大学はより幅広い人材育成を目的に、単なる製菓技術だけでなく語学や店舗経営、デザイン、菓子文化など幅広い知識を身につける必要があると考え、そのためには「2年では時間的に難しく4年が必要になる」と判断した。

 
 大手前大学は、併設の短期大学で「製菓マネジメント系」を設置していましたが、「幅広い知識を身につけるには2年では足りない」と今回の決定を下しました。
 40単位の科目には▽洋菓子製法の基本技術を学ぶ「洋菓子実習基礎」▽包装や店舗経営、原価計算など実務的内容を習得する「製菓理論」▽カフェで取り扱うメニューを学ぶ「カフェ&ティー演習」などがあり、在学中に製菓衛生師(国家資格)を取得することも可能になるんだとか。

2009年10月31日

Page Top