進学ニュース/8.12-8.18

23区私大の定員増認めず、文科省が告示改正案 …2017/8/14 読売新聞
文部科学省は14日、若者の東京への一極集中を是正するため、東京23区内にある私立大学・短大の定員増を認めないとする大学設置に関する告示の改正案を公表した。

9月12日まで意見公募(パブリックコメント)を行った上で改正し、2018年度から定員増を認めない方針。
改正案では、18年度は23区内で大学・短大の定員増、19年度は定員増に加えて大学・短大の新設、定員の増加を伴う学部・学科の新設をともに認めないことを明記した。20年度以降については法整備などでの対応を検討する。
ただし、例外として、18年度については、今年6月末までに定員増に対応するため、校舎などの施設・設備の整備を決めている場合は、定員増を容認するとしている。19年度についても、施設整備を決定し、今年9月末までに新学部設置などをインターネットや刊行物で周知した場合に限って定員増を認める。


――――――――――――――

変わるオープンキャンパス 魅力アピール「参加型」に …2017/8/14 カナロコby神奈川新聞
大学が夏休みなどに学内の施設を公開する「オープンキャンパス」。学校概要を一方的に話す「説明型」から打って変わって、各大学とも、独自の趣向を凝らして高校生と保護者に自校の魅力をアピールする「参加型」に様変わりしている。校風や研究内容を受験生に理解してもらい、入学後の“ミスマッチ”を防ぐとともに、少子化を踏まえ、高校生の「行きたい大学」、保護者の「行かせたい大学」に選んでもらう狙いがある。

鎌倉女子大学(鎌倉市)は本年度から、オープンキャンパスに3回来場した高校生を対象に、弁当包みのプレゼントを始めた。
弁当包みは、暮らしや健康に関する知識を学ぶ家政学部家政保健学科の学生と、同市内で手拭い専門店やカフェを展開する「nugoo(ヌグウ)鎌倉」が地域産学連携プロジェクトの一環で商品化したもの。
母親と学内を見学する姿も目立ち、保護者も参加可能な見学バスツアーも無料で催された。
同大の入試・広報センター長は「高校生や保護者に何度も来場してもらえるような工夫を凝らし、学校への理解を深めてもらうことが大切」と強調する。月内は19、20日にも開く。
神奈川大学横浜キャンパス(横浜市神奈川区)が6日に開催したオープンキャンパスでは、目の錯覚や脳の不思議を体験するプログラム「イリュージョンライブ」が人気を集めた。知覚心理学の一環として、人間科学部人間科学科の学生が企画・運営。水平の床に寝転ぶと、傾いているような錯覚に陥る「座標の部屋」など約20の体験ブースを設置し、在学生や教員が仕組みを解説。参加した高校生や保護者から「どうして?」「不思議」と驚きの声が次々と上がった。
東京工芸大学厚木キャンパス(厚木市)の工学部は、オープンキャンパスを19日に開く。メディア画像学科による3Dプリンターを使った立体映像を体験できるほか、電子機械学科ではロボットの製作体験を行うなど、予約不要の体験プログラムを多数用意する。広報担当者は「授業の内容を気軽に楽しく知ってもらいたい」と呼び掛ける。
8月は県内でもオープンキャンパスがめじろ押し。文教大学(茅ケ崎市)が26日、関東学院大学(横浜市金沢区)と北里大学(相模原市南区)が27日に開催。それぞれがさまざまなプログラムを用意する。

2017年08月19日

【城南卒業生より2017】〜大学のイメージと現実…05

進学プロデューサー:
今月は、この春に大学に入学して1年次前期が終了した先輩方に、「入学前に大学に対して持っていたイメージと、入学後に感じた現実」について、その一致不一致を聞いてみました。
夏休みの間にオープンキャンパスに行く人もいると思いますが、見学の際のチェックポイントの参考としてみてください。

筑波大学
社会国際学部 国際総合学類/S.S.先輩
筑波大学はスーパーグローバル大学に認定されているだけあって、海外へ行けるプログラムが充実していて、それは想像以上でした。そして、いろんな地方出身やバックグラウンドを持つ人が集まっている多様な環境で、想像以上に刺激を受けています。また、自分が学びたい分野の学部に進学できたが、実際の授業内容は多少違う部分があり、入学前や受験前に、授業のシラバスをのぞいておくと、良い意味でも悪い意味でも実情をより知ることができると思います。あと、大学と高校で大きく違う点は、大学側から介入されることは一切なく、ほとんどすべて自分の 力を頼りにするしかなく、予想はしていましたが、実際になってみると大学ならではの文化に洗礼を受けました。具体的に言えば、授業を休んだとしても何も言われませんし、授業態度をいちいち言われることはありません。早めに慣れて律することが必要だと思います。
※大学に対する印象は、あくまでも先輩方個人の主観的な感覚です。この印象がその大学の全てではないことをご了承ください。

2017年08月18日

【城南卒業生より2017】〜志望校・系統選びのポイント…04

進学プロデューサー: 志望校・志望系統を選ぶ時に、「将来の夢に向かって必要な資格...

“【城南卒業生より2017】〜志望校・系統選びのポイント…04”の続きを読む

2017年08月17日

【城南卒業生より2017】〜大学のイメージと現実…04

進学プロデューサー: 今月は、この春に大学に入学して1年次前期が終了した先輩方に...

“【城南卒業生より2017】〜大学のイメージと現実…04”の続きを読む

2017年08月16日

【城南卒業生より2017】〜志望校・系統選びのポイント…03

進学プロデューサー: 志望校・志望系統を選ぶ時に、「将来の夢に向かって必要な資格...

“【城南卒業生より2017】〜志望校・系統選びのポイント…03”の続きを読む

2017年08月15日

記事一覧

Page Top