進学ニュース/4.22-4.28

<大学授業>1コマ100分に延長、全国で増加 …2017/4/26 毎日新聞
1コマの授業を90分から100分にする大学が全国的に増えている。明治大と芝浦工業大が今春にスタートし、法政大も来年度に始める。一つの科目の授業数を減らし、学生に不評な「休日授業」をなくしたり、夏休みを長くして留学を後押ししたりするのが狙いだ。討論や発表が中心の「アクティブ・ラーニング」を取り入れやすくなる一方、学生の集中力が持続するのかとの懸念もある。

明治大学は1コマを10分長くすることで半期の授業数を15回から14回に減らした。昨年度は、祝日で休講になった授業を別の祝休日に振り替える授業が6回あったが、今年度は減らすことができ、全キャンパスが休講となる大学祭の期間は、11月に新設するとした。
来春から100分にする法政大は、授業数を減らした分は、夏休みを昨年度よりも1週間長い8月1日〜9月20日にする。学生は海外留学や国外企業・団体などのインターンシップに参加しやすくなり、大学も夏休みに集中特別授業を組みやすくなる利点がある。
授業時間の延長だけでなく、授業自体の変更がみられる。法政大は2人の教員が1コマを半分ずつ担当したり、前半は講義、後半はディスカッションを行うなど、新たな授業の進め方を取り入れる方針。広報課は「これまで分割するという発想がなかったが、さまざまな工夫ができる」と説明している。
芝浦工業大の村上雅人学長は「(1日の授業数が7限から6限になって)予習・復習などの時間が十分に確保できる。学生の主体的な取り組みを期待したい」とのこと。
大学に詳しい大学通信の安田賢治ゼネラルマネジャーは「1コマの時間が長くなれば、学生の機会が増える。だが、集中力が続かない学生もいる。いかに学生をひきつける授業ができるか、ますます教員の手腕が問われる」と指摘している。


――――――――――――――

受験生の関心が高い大学ランキング 関東1位の“あの大学”は全国的にも人気! …2017/4/26 オーヴォ
あなたの母校は、イマドキの受験生からどれくらい人気があるのだろうか? フロムページがまとめた2017年度入試の最新データ(有効回答者数39,766人)によると、全国の受験生約4万人が関心を持った大学で、関東では「早稲田大学」、中部は「名城大学」、近畿は「関西大学」がそれぞれトップとなった。

早稲田大学と名城大学は、2年連続でエリア1位となった。関西大学は前年2位からランクアップし、前年トップの立命館大学は3位にダウンした。九州・沖縄エリアでは私立大学の「福岡大学」が1位にランクアップした。都市圏では私立大学が、地方では国立大学が上位傾向など、前回から大きな変化はなかった。
早稲田大学は全国的関心を持たれていて、北海道・東北で15位(16位)、関東で1位(同)、中部で12位(9位)、近畿で14位(13位)、中国・四国で17位(18位)、九州・沖縄で14位(17位)と広範囲で多くの受験生から人気のある大学だったと言える。※()内順位は前回結果。また、同志社大学は西日本で、明治大学は東日本で人気となっている。
全体で見ると、都市圏では私立大学、地方では国立大学が上位傾向という結果は、前回と同様で大きな変化はなかった。

2017年04月29日

城南OBOGに聞く!2017〜模試の活用法13

進学プロデューサー:
2017年度は始まったばかりですが、4月の終わりには早くも高3・高卒生は模擬試験が実施されます。
2017年度最初の模試でもあるので、緊張したり思うように解答できなかったりといったことが出てくると思います。
そこで4月後半は城南予備校OB・OGの先輩方に「模試の活用法」について聞きました。
ぜひ参考にしてみてくださいね。


R.S.先輩
受け終わったらすぐに出来る限り間違えた箇所を確認し、その単元の復習を行いました。
解説はとてもいい参考書のようになっているから熟読しました。



2017年04月28日

城南OBOGに聞く!2017〜模試の活用法12

進学プロデューサー: 2017年度は始まったばかりですが、4月の終わりには早くも...

“城南OBOGに聞く!2017〜模試の活用法12”の続きを読む

2017年04月27日

城南OBOGに聞く!2017〜模試の活用法11

進学プロデューサー: 2017年度は始まったばかりですが、4月の終わりには早くも...

“城南OBOGに聞く!2017〜模試の活用法11”の続きを読む

2017年04月26日

城南OBOGに聞く!2017〜模試の活用法10

進学プロデューサー: 2017年度は始まったばかりですが、4月の終わりには早くも...

“城南OBOGに聞く!2017〜模試の活用法10”の続きを読む

2017年04月25日

記事一覧

Page Top