高卒生 つぎは、勝つ。

資料請求

科目別カリキュラム

独自の指導方針・カリキュラムで志望校合格をつかみとる。

城南予備校・高卒生クラスの授業は、どれも合格を意識した充実の内容です。入試頻出の傾向やレベルに応じたカリキュラムを構築し、単語や公式を覚えるだけではない体系的な指導方針で、皆さんの志望校合格のために全力でサポートしていきます。

英語

実戦に使える入試英語力養成 3つのポイント 1 入試での出題比率に合わせた「長文読解」の授業がメイン 2 入試英文を論理的に読み、迅速かつ正確に解ける 3 入試英文法・語彙などの知識を効率良く身につける

指導方針
長文を得点源にするための「思考力」と「解答力」の養成

入試英語の出題は実用的な英語力を試す方向へと確実にシフトしており、特に「長文読解力」を問うものが多くなっています。英語科の指導目標は「実戦的に使える入試英語力の養成」という点にあります。

レベル構成

選抜クラス
東大・京大・早慶大などの国立・私立の最難関大に対応しています。選抜クラスでは実戦的な学習をテーマにしてカリキュラム・授業が編成されています。必修講座では講義を通じて思考力を養成し、また、選択講座では1学期からテスト演習を導入することで、知識を使いこなす解答力をスムーズに身につけることができます。
一般クラス
基本から応用まで段階的に英語学習を積み上げて、目標レベルの英語学力に到達させていきます。1学期にテーマ別・形式別の体系的な学習を通じて思考力を身につけ、2学期には文法や読解の体系的知識を実戦演習を通じてさらに高めていくことで、解答力が大幅にアップするようなカリキュラム・授業を構成しています。
基礎特訓クラス
入試の基本レベルから確実に理解・定着を図りながら思考力を高めていきます。文法の授業では入試レベルの頻出ポイントに加えて、中学・高校の教科書で扱われる基本事項もしっかり復習します。また、読解の授業では、一文一文を文法・構文を意識しながら正確に読むだけでなく、文と文との論理的なつながりを意識して読むことで解答力をさらに高めていきます。

ページの先頭へ

数学

指導方針
独自の問題配列で受験数学の体系的理解をめざす

基本事項の確かな理解に基づいて問題をミスなく、確実に完答できる学力を養い、さらに難問を解ける応用力を養成していくことを指導方針としています。高校教科書の枠にとらわれない独自の問題配列と体系的理解により、問題を読んだ瞬間に体系のどこに入り、何を問うているかがわかり、スムーズに解答していくことができます。

レベル構成

選抜クラス
東大・京大・東京工業大・国立大医学部・慶應義塾大・早稲田大等の最難関大学を志望する皆さんを対象としたクラスです。精選された良問を教材として、入試に出題される類型を全てカバー。頻出する問題に対しては一目で解答の方向性を見出すことのできる体系的理解を構築し、難しい問題も自然に解法の着眼点を見出せられる力をつけていきます。
一般クラス
国立大・東京理科大・中央大・明治大・立教大などの難関大を志望とする皆さんを対象としたクラスです。入試問題の7割以上を占める典型的な問題に対応するために、分野・テーマごとに使うべき基本事項のパターンを確実に理解していきます。また、応用問題もその着眼点から解法までスムーズに浮かんでくる力を作りあげます。
基礎特訓クラス
中堅レベルの大学を志望とする皆さんを対象としたクラスです。問題を解くために必要となる基本事項を重視し、丁寧な解説によって、確実に理解していきます。基本事項をそのまま使う問題からスタートして、基本事項を組み合わせた問題へと段階的に学習を進めながら、標準的な問題が解けるレベルへと引き上げます。

ページの先頭へ

現代文

指導方針
論理的思考と内容テーマ理解によって、読解力の「本質」を追求する

入試現代文を、「論理的思考」と「内容テーマ理解」の二本柱によって読み解く力を養成することが目標です。文章の論理をつかむための基本事項をわかりやすく整理・解説し、また、現代社会や現代思想についてのハイレベルな文章の「内容」が分かるようになるために、基本語彙・概念、ものの考え方を根本から解説します。「本質的な読解力」があれば、初めて見る文章でも「顔なじみ」のように読めるようになります。

レベル構成

選抜クラス
国公立及び最難関私立大学をターゲットにしたクラスです。ハイレベルな文章の読解を通じて頻出テーマの総整理を行い、どんな文章でも「中身」が分かる教養力を身につけます。記述論述対策・小論文対策までを視野に入れて指導します。
一般クラス
国公立及び私立難関大学をターゲットにしたクラスです。論理的思考の基本事項を習得しながら、文章の中身を理解するための語彙・教養を身につけ、本質的な読解力を鍛え上げていきます。最難関大学に合格できる実力に引き上げていきます。
基礎特訓クラス
基本中の基本から徹底的にマスターして、中堅大学以上を狙うためのクラスです。接続関係・指示語・段落構成・主旨把握などの基本事項を順に学習し、基本語彙力を身につけて、論理的な思考力・読解力を根本から鍛え上げていきます。
センター現代文
センター試験だけで現代文が必要な皆さんが対象のクラスです。設問パターンや選択肢の作り方等、センター試験特有の傾向に合わせながら、確実に得点できるための「論理的な思考力」を養っていきます。

ページの先頭へ

小論文

指導方針
小論文の「本質」をつく、問題意識の喚起と表現力の養成

小論文入試の出題に共通して求められているのは「課題に沿った的確な問題意識」をもって、それを「的確に表現する」という点です。「問題意識」が表れていなければ答案としては適切ではありません。この入試小論文の本質を踏まえ、「内容」(=問題意識の喚起)と「表現」(=論理的な展開の技術と日本語運用力)の両面をバランスよく養っていくことを、指導の方針としています。

レベル構成

小論文Ⅰ
中堅大学〜上位大学をターゲットにしたクラスです。答案作りのプロセスから基本テーマ学習、表現力の訓練まで、初めて小論文にチャレンジする生徒でも、基本から学び実戦力まで身につくカリキュラムになっています。
小論文Ⅱ
難関大学をターゲットにしたクラスです。主に「読解論述型」「資料論述型」の問題を扱いながら、文章・資料を論理的に分析する力、その上に自分の視点を定めて意見を論理的に構成し的確に表現する力を、実戦的に養います。
慶應大小論文
慶應SFC・法学部・文学部や、最難関国立大学をターゲットにしたクラスです。論理的な思考力を鍛えつつ、「近代」「脱近代」等のテーマに関する基礎的教養の育成と、長文の中の論点を見抜く目を養っていきます。高い教養力が身につくように配慮された、小論文テキストの最高峰です。
医学系小論文・自然科学系小論文 (2学期開講)
理系の皆さんのための小論文対策を行います。

ページの先頭へ

古文

指導方針
「暗記」に留まらず、「本質」を理解して「思考」し、確実に得点できる古文

文法や古語や基本構文などレベルに応じた基本事項を1学期から夏期講習までに集中して学習します。2学期はジャンル別読解演習の中で、「古典世界の本質」を理解し、さらに基本事項を使って「思考する力」を養成します。また、授業で学習した「基本事項」が身についているかを、「Review テスト」で確かめることで、確実に学力をアップさせていきます。

レベル構成

選抜クラス
国公立大二次の論述解答力や早稲田・上智大など最難関私立大学で出題される長文読解力を養成するクラスです。同一文章で、国公立二次の論述問題と私大の客観問題を並べて、それぞれの解法を比較しながら最難関大の対策を万全にすることができます。
一般クラス
立教・青山学院大学など難関大学を目指していくクラスです。解釈に生かせる知識習得を目的として、入試問題演習の中で、一つの「古典世界」を立体的に構築できるように工夫されています。
基礎特訓クラス
基礎知識の習得から始め、確実に得点できる読解力を身につけるクラスです。古典文法を「暗記」にとどまらず文章読解で「使える」知識とするために、1学期から「文章読解の中での使い方」を重視して学習していきます。
センター古典

センター試験に的を絞ったクラスです。

「古文編」では、各講でセンターの頻出テーマ順に配列された過去問題演習を行いながら、文法事項をまとめ、更に重要古語演習で語彙力を身につけます。テキスト巻末には古語リストや文法のまとめ・文学史の一問一答が掲載され、更に別冊で古語と文法の演習問題集まで用意されているので、これだけでセンター対策は万全です。

「漢文編」は、漢文の初学者でも、無理なく力を伸ばせるカリキュラムになっています。基礎の基礎をマスターする「基礎演習問題」と、センターの「客観式問題演習」とで構成された授業を通じて、知識の体系的な理解と本番での実戦力を鍛え上げていきます。

ページの先頭へ

漢文

指導方針
「漢文」読解の基礎知識や思想を理解して、確実に高得点する

大学入試における漢文は、漢文読解の必須知識を問う設問を中心とした読解力、難関大ではさらに背景知識(中国古典思想・作品の特徴など)を踏まえた読解力が問われます。このような点を踏まえ、入試漢文の必須知識を要領よく整理・習得し、読解力をつけて確実に高得点にしていくことを基本方針としています。

レベル構成

難関大漢文
国公立大二次試験の論述解答力や早稲田・上智大など最難関私立大学で出題される長文読解力の養成のためのクラスです。過去問題を使用した「読解演習」中心のテキストを使用して、本質的な「漢文」の理解・思考力を身につけることが目標です。
私大・センター漢文
漢文の基礎の基礎から知識を積み上げ、私立中堅大・センター試験に対応できる読解力まで養成します。テキストは漢文の基礎から始める「基礎演習問題」と私立中堅大・センター試験の「客観式問題演習」を中心に、体系的に配列されていますので、高校で漢文をあまり学習しなかった皆さんでも無理なく学力を身につけることができます。

ページの先頭へ

物理

指導方針
本質を理解し適用できる真の思考力の練成

城南予備校の物理指導の目的は、本質を「理解」し、入試問題が「解ける」ようになることです。そのために、公式の丸暗記や付け焼刃の解法テクニックを扱うのではなく、授業を通して、根本原理や法則を基本からわかりやすく説明していくことにより、入試本番の試験で必要とされる本物の思考力と学力が無理なく身につきます。

センター物理基礎
センター試験で物理基礎を必要とする皆さんのための講座です。映像授業による講義(インプット)とライブ授業によるテストゼミ(アウトプット)により、短期間で得点源となる科目に仕上げます。大きな負担をかけずに物理基礎の対策を立てたい生徒に最適の講座です。1学期、全9回の授業で終了します。

ページの先頭へ

化学

指導方針
化学現象の根本理解と本物の思考力の練成

城南予備校の化学指導は「暗記」と「理解」を明確に区別し、化学現象の考え方を、断片的でなく体系的な知識として本質から理解していくことを方針としています。「知っているつもり」をなくしてもれのない理解を図り、暗記に頼る部分を極力減らすことにより、入試問題を解く力、本物の思考力が効率良く練成されていきます。

センター化学基礎
センター試験で化学基礎を必要とする皆さんのための講座です。映像授業による講義(インプット)とライブ授業によるテストゼミ(アウトプット)により、短期間で得点源となる科目に仕上げます。大きな負担をかけずに化学基礎の対策を立てたい生徒に最適の講座です。2学期、全9回の授業で終了します。

ページの先頭へ

生物

指導方針
生物現象を体系化して理解する

生物は分野ごとの得意・不得意科目が出やすい科目です。入試問題では断片的な知識よりも分野間の関連性が理解できていなければ解けない問題が出題されます。城南予備校では分野間のつながりを重視した説明で、本質から体系的に理解していくことを方針としています。生物現象を総合的に理解していく中で入試問題を解く力、本物の思考力が効率良く練成されていきます。

センター生物基礎
センター試験で生物基礎を必要とする皆さんのための講座です。映像授業による講義(インプット)とライブ授業によるテストゼミ(アウトプット)により、短期間で得点源となる科目に仕上げます。大きな負担をかけずに生物基礎の対策を立てたい生徒に最適の講座です。1学期、全9回の授業で終了します。

ページの先頭へ

地学基礎

指導方針
広範囲にわたる知識の体系的理解

近年の宇宙と地球に関する知識の進展は目覚ましく、入試にもそれらを含んだ出題が見受けられます。この様な傾向に対応するためには、新しい知識を正確に吸収するのはもちろんですが、自然科学の各分野の基礎知識を万全にすることが重要です。この観点に基づいて、広範囲にわたる知識の体系的理解と整理、その上に立って行う問題演習という、段階的学習を基本方針としています。

ページの先頭へ

世界史

指導方針
「縦の流れ」と「横のつながり」で理解し、世界史のイメージをとらえる

入試では、地域や事項の関連、つながりを問う問題が増加しています。「近現代史」のウェイトが高まっているのも国家間の関係の理解が求められているからです。城南予備校では、通史講義の中で入試頻出のポイントを示しながら、時代の流れや因果関係と地域間のネットワークに踏み込んでいきます。「縦の流れ」と「横のつながり」を理解することによって、「得点力」が身についていきます。

センター世界史
センター試験にのみ世界史を必要とする皆さんのための映像講座です。この講座では、センター頻出分野を中心に扱い、世界史を時代・地域ごとにまとめて集中講義します。正誤判定問題など頻出の出題形式への対応法もレクチャーするので、正確な解答力を高めることができます。

ページの先頭へ

日本史

指導方針
歴史を因果関係で理解し、使える知識の体系化を図る

入試問題を分析すると、テーマ史や正誤判定など、暗記だけでは対応できない問題が多くなっています。城南予備校では、通史講義の中で入試頻出のポイントを示しながら、歴史事象の背景・原因・目的や結果・影響を明らかにして、歴史を正しく理解することに重点を置いた授業を展開します。さまざまな問われ方に対応できる知識と思考力、つまり「得点力」が身についていきます。

センター日本史
センター試験にのみ日本史を必要とする皆さんのための映像講座です。センター日本史では、歴史上の出来事の背景や結果などの理解まで問われるので、用語の丸暗記では対応できません。この講座は、目標点の突破を目指し、歴史の流れと問われるポイントを分かりやすく解説していきます。

ページの先頭へ

現代社会

センター試験で現代社会を選択する人のための講座です。この講座の第一の目標は、センター試験で必要な知識を効率よく身につけることです。そしてその知識を使い、思考力を要求する問題にも対応できる考え方を養うことが次の目標です。そこで、政治分野・経済分野については、映像授業による講義(インプット)とライブ授業によるテストゼミ(アウトプット)により学習効果を最大化し、本番の戦略までも視野に入れた実戦指導を展開します。また、倫理分野については夏期の集中講座で一気に知識を整理し、演習問題を通じて得点力を養います。現代社会の学習に不安があるという生徒であっても、目標点を突破できる力を養うことができます。

ページの先頭へ

地理

指導方針
つながりを重視した、新体系で最大効率を図る

地理の入試で重視されている「人間中心の地理」という新しい方向性に対応するため、各分野の基本知識・重要事項をわかりやすい形で、また、多面的な角度から構築・整理していきます。入試頻出のポイントを示しながら、地域間のつながりや事象のつながりを理解することによって「得点力」が身についていきます。

センター地理
センター試験にのみ地理を必要とする皆さんのための映像講座です。センター地理で必要なのは、基礎知識+地図認識力+地理的思考力。この講座では必須知識の習得に加え、皆さんの頭の中に地図を入れ位置関係をつかめるようにします。その上で、得点力を高める地理的思考力を養成します。

ページの先頭へ

政経

指導方針
はっきりとしたイメージを形成し、政治・経済を正確に理解する

広範囲でさまざまな分野から出題される入試問題に対処するためには、基本事項・基本用語の正確な理解を図り、知識の幅を広げて、時事問題にまで確実に対応できる本物の実力をつけることが必要です。城南予備校では、入試頻出のポイントを示しながら、正確な理解を身につける授業を展開することで「得点力」を養っていきます。

センター政経
センター試験にのみ政経を必要とする皆さんのための講座です。映像授業による講義(インプット)とライブ授業によるテストゼミ(アウトプット)により学習効果を最大化します。重要ポイントと頻出問題を中心に学習するので、効率的に得点力を高めることができます。

ページの先頭へ

倫理

指導方針
人間と社会・文化を全体像として理解する

「倫理とは人間とその社会・文化の学習である」という観点に立って授業を進めていきます。単純に用語を暗記するだけではできない、事項間の結びつき、関連についての理解を図っていきます。思想・文化などを表面的に解説するだけでなく、それが現代社会の諸問題にどう関わるかを明確に理解させていく授業を行います。

センター倫理
センター試験で倫理を必要とする皆さんのための講座です。映像授業による講義(インプット)とライブ授業によるテストゼミ(アウトプット)により学習効果を最大化します。倫理の学習があまり進んでいなくても、必要な知識をわかりやすい解説を通して身につけられます。

ページの先頭へ

  • 資料請求
  • 校舎のご案内