就活生の親が気をつけるべきこと

「就職活動が厳しいと聞きますけど、大丈夫でしょうか?」
「○○大学に行っているけれども、やはり就職は厳しいですか?」
「大手企業は軒並み落ちてしまったけれど、中小を受けるのと就職浪人とどちらが将来いいですか?」
(まだ就職活動前)「就職が決まらなかった場合、就職浪人はすべきでしょうか?」
「これから○○の業界は、厳しいと聞くけれどほかの業界を受けるように勧めたほうが良いですか?」

などのご質問をよく頂きます。

就職率に若干の明るい兆しが見えてきたとはいえ、まだ厳しい就職状況であることに変わりはありません。

また、メディアからは有益な情報はほとんどなく、不安を煽るような情報ばかり。

こういった質問を多く頂くのも仕方がないことでしょう。

何か子供のためにしてあげられることはないか、と思っても昔と就活環境は大きく変わってしまっています。ご自分の就職活動を思い出して比較してみて下さい。少し前まで頼んででも学生に来て欲しかった企業が、今では100倍を超える求人倍率の企業になってしまっています。

それでは、今親御様がお子様のためにできることは何でしょうか?

就活生の親が考えるべきこととは?

お子様が就活をスタートするにあたって、まずしなくてはならないこと。それは、お子様一人ひとりの個性と向き合うことです。単に長所・短所を挙げるということではありません。

各々の「will=やりがい」「can=能力」「value=価値観」を引き出し、それらが重なる仕事・広げられる仕事を選ぶのを手助けして挙げることです。

リクルートの『就職白書2012』調査では、45.1%の学生がアドバイスを求めた人は両親と答えています。

もっとも近しい存在ですし、当然と言えば当然でしょう。

そんなとき親御さんが、最良のパートナーとなるのに必要な知識とは何でしょうか?

色々ありますが、いくつか具体的にあげてみると、

  • 就職活動の正確な現状とは?
  • 昔の現在、その就職活動とのギャップとは?
  • 現在の採用試験の内容は? (SPIやグループディスカッションなど幅広くなっています)
  • お子様本人の「やりがい」「能力」「価値観」を探す手助けをする方法
  • 業界や企業規模より重要な要素とは?
  • 働く、とはどういうことか
  • 等々

こういった知識こそ就職活動をするお子様をサポートするのに重要です。


就職率や全体の動向ばかりに惑わされる前に、じっくりとお子様と向き合い個性を引き出す方法を知っていきましょう。

そして、お子様とともに正しい就職活動を歩み出すことが大切です。

就職セミナースケジュール

横浜・新宿・東京で開講

就活無料セミナー

城南就活塾説明会

城南進学研究社グループ

  • 城南予備校
  • 城南コベッツ
  • 城南ONES
  • 城南AO推薦塾
  • 城南医志塾
  • ズー・フォニックス・
アカデミー
  • くぼたのうけんWEBシステム
  • くぼたのうけん
  • 城南ルミナ
  • スピカ
株式会社城南進学研究社

「城南進研グループ」を形成し、生徒一人ひとりに向き合うきめ細かい指導と運営体制で、高い教育実績をあげています。