「情報」と「経験」で
センター試験に勝つ

 

情報戦の側面がさらに強まってくる

2016年度入試からはすべてが新課程になります。
過去問の信頼性が例年よりも低くなり、「自分たちの受験には出題されないものが過去問に掲載されている」または逆に「過去問には掲載されていない(出題されていない)ものが自分たちの受験には出題される」ことや、重要とされる単元も変わってくることが予想されます。

また、新課程による変更が反映されたため、2015年度試験では17年ぶり史上2度目の「科目間得点調整」が行われました。
これは選択科目間で平均点に20点以上の差が出た場合にその差を縮める措置です(2015年度は旧課程の「物理I」と新課程の「生物」の間で行われました)。これらのことから分かるように、今後数年間は、大学受験における「情報戦」としての側面が非常に強い期間となります。

受験の変化を見逃さない
そうした「受験の変化」に、城南予備校と講師陣は常に目を光らせています。大学側も「いろいろ試す」期間になると予想されますが、城南予備校では最新の受験情報をいち早く得て、授業や面談、校舎掲示物などさまざまな場でお知らせしていきます。

経験がないと、易しくても高得点が取れない特有の難しさ

センター試験は、難易度は高2レベルで、教科書レベルを逸脱した難問は出題されないという易しい試験です。ところがこれを高3生、高卒生が受験して平均点の得点率は各科目だいたい60~65%にしかなりません。易しいのに、なぜ高得点が取れないのでしょうか?
ここには「センター試験特有の難しさ」があります。それは次のようなものです。

受験生にとって意地悪な問題が多い
教科書レベルを出ない基本的な知識を問う問題で、あまりにも素直な出題にしてしまうと、「みんなが高得点を取り、東大に出願」ということになってしまいます。得点を分散させるため、「紛らわしい選択肢」「ひっかけ問題」など、出題の仕方を工夫する必要があるのです。その結果、試験後に答え合わせをした際にガッカリしてしまうような「初歩的なミス」に気づくことも。

制限時間に対して問題量が多い
センター試験や、センター試験のための模擬試験が終わった後によく聞かれるのが「時間が足りなかった」です。この制限時間のタイトさも、受験生の得点を分散させるための手立て。センター試験の問題は、「考え込んではいけない」のです。問題を見た瞬間に「ああ、このパターンの問題か。定番だなぁ」と思ってすぐに手が動く状態をつくらなければ、なかなか解き切れません。

経験があればひっかからない、戸惑わない
このような特徴があるセンター試験で得点するためには、何が必要なのでしょうか。その答えは「問題を解く経験を積むこと」にあります。意地悪な問題に引っかかってしまうのは「意地悪の手口を知らないから」「意地悪された経験が足りないから」です。

事前に何度か引っかかったことのある問題であれば、当日も「これは前にやられたパターンの問題だ」と気づいて正しく解答できるようになります。また、制限時間についても、問題を見たときに考え込んでしまう人と、すぐに手が動き始める人の違いは、頭の良し悪しではなく、「その(ような)問題を解いたことがあるか否か」です。何度も同じタイプの問題を解いてきて、正直なところもう飽き飽きだというレベルで経験を積んでいれば、考え込む間もなく手が動くはずです。こうした違いが1問、2問・・・と続いていくことで大きな時間差が生まれます。さらにそれが本当に厄介な問題に時間をかけられるかどうかという違いにもなります。