ホーム > 進学ニュース > 進学ニュース/1.7-1.13

進学ニュース/1.7-1.13

14日からセンター試験=57万人志願 …2017/1/12 時事通信
大学入試センター試験が14、15の両日、全国691会場で行われる。

志願者数は前年度より1万2198人多い57万5966人で、うち81.9%が今春高校などを卒業予定の現役生。今春の高卒予定者に占める志願者の割合は前年度比0.5ポイント増の43.9%と過去最高になった。
試験を利用する大学・短大は前年度より2校少ない848校。4年制が1校増えて過去最多の694校、短大は3校減の154校となる。14日は地理歴史・公民、国語、外国語で、15日は理科と数学を実施する。
大学入試センターは、平均点の中間発表を18日、最終発表を2月2日に予定している。得点調整の有無は1月20日に発表する。病気などで受験できなかった生徒らが対象の追試験は同21、22日に行う。


――――――――――――――

国立大交付金、41校が増額=戦略取り組みで傾斜配分―文科省 …2017/1/12 時事通信
文部科学省は12日、国立大が目指す機能強化の方向性や戦略の取り組み状況に応じて運営費交付金を傾斜配分する制度の評価結果を発表した。

2017年度は全国86大学のうち41校が増額評価となり、45校が減額される。  制度は16年度から導入。国立大運営費交付金総額の約1%に当たる約100億円を各大学から拠出させ、取り組みに対する評価結果に応じて再配分する。
再配分率が最も高かったのは、福島大と浜松医科大の113.0%。最低は鹿屋体育大の78.3%だった。福島大は前年度比の伸びも26.8ポイントでトップだった。
金額が拠出額より最も増えたのは京都大で、5500万円増の7億円。最も減った広島大は3100万円減の2億2900万円となった。
大学は(1)人材育成や課題解決による地域貢献(2)強み・特色のある分野の教育研究(3)世界で卓越した教育研究―の3類型から目指す方向性を選択し、具体化するための戦略を作成している。
16年度分はこの戦略の内容を評価。17年度分は、戦略の達成状況を測るために各大学が設けた指標が適切かどうかや、実際の取り組み状況などを評価し、再配分率を決めた。

2017年01月14日

Page Top